1. TOP
  2. メカジキのカレーソテー プロの料理家が教える簡単メインディッシュレシピ

メカジキのカレーソテー プロの料理家が教える簡単メインディッシュレシピ

 2015/08/30 レシピ この記事は約 3 分で読めます。
メカジキのカレーソテー1

メカジキ(カジキマグロ)のレシピといえば、何を思い浮かべますか?
メカジキは一年中手に入ることができ、骨もなくて食べやすく、色んな料理に使えますよね。
照り焼き、煮付け、ムニエル、フライ・・・、今日はソテーにしましょう!

材料

<2人分>
メカジキ:2切れ
塩こしょう:少々
小麦粉:大さじ1
カレー粉:大さじ1
オリーブ油:適量
白ワイン:大さじ2
粒マスタード:適宜

作り方の手順

①メカジキの水分をキッチンペーパーで拭きとり、塩こしょうをして下味をつける。
②小麦粉とカレー粉を混ぜたものを、メカジキの両面に茶こしでふるいかける。
③フライパンにオリーブ油を熱し、メカジキを焼く。
 両面に焼き色がついたら、白ワインを加え、蓋をして12分ほど蒸し焼きにする。
④水分がなくなったら皿に盛って、粒マスタードを添えて、できあがり。

☆小麦アレルギーの人は米粉で代用することもできます。
☆食欲がないときでも、カレーなどの香辛料には食欲増進作用があるので、食が進みにくいときにもオススメです。

メカジキのカレーソテー2

ポイント

☆メカジキとカジキマグロの違い:
カジキは、大型の魚で肉質も良く、マグロと似ている点も多いため、カジキマグロと呼ばれていますが、マグロとは種類が異なります。
そのカジキの中にメカジキ、マカジキやクロカジキなどが分類され、日本近海では6種類が生息しています。

☆メカジキの栄養成分:
カジキの中でも、特にメカジキは市場で多く出回っています。
DHA(ドコサヘキサエン酸)・・・血中コレステロールや中性脂肪を減少する
EPA(エイコサペンタエン酸)・・・動脈硬化の改善や中性脂肪を減少する
カリウム・・・高血圧やむくみ予防に効果
ビタミンD・・・カルシウムの吸収を促進する
グルタミン酸・・・旨味成分、疲労回復を促進する など

まとめ

カジキの種類によって、栄養成分や旬は異なります。
メカジキの旬は秋から冬、マカジキの旬は冬から春、クロカジキ・シロカジキの旬は夏です。
季節に応じて、スーパーで見かけたときにぜひ手にとって食べ比べてみてくださいね。

レシピ提供:西岡由起子@マクロビ料理教室feel http://blog.goo.ne.jp/cobako

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

フィッシュ・ディッシュ・パークの注目記事を受け取ろう

メカジキのカレーソテー1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フィッシュ・ディッシュ・パークの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

他のオススメ記事

  • 絶品の鮎料理!鮎を美味しく食べるには?

  • 2017年の鮎釣り解禁!初心者が楽しむためのアユ釣り入門

  • 【夏休みの自由研究2017年版】海水から塩を作る方法とまとめ方

  • 海外おすすめダイビングスポット!ダイバーが選んだ名所ベスト3

関連記事

  • たらこと白身魚の春巻き☆居酒屋メニューレシピ

  • 簡単!世界の料理「ニシンとトマトのブルスケッタ」のレシピ

  • 「しめサバのセビーチェ」おしゃれでヘルシーな前菜レシピ

  • 人気のちりめんじゃこレシピ!ジャコと青ジソのおにぎり

  • 『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』ドラマのネタバレ&レシピ

  • カロリーオフ!梅じそタコライスの簡単作り方レシピ